フィリピン、外資規制に緩和機運

フィリピンで外資規制緩和に向けた機運が高まっています。同国は厳しい出資制限で外国企業の参加を抑えているが、ドゥテルテ政権の影響力の強い議会下院が関連法の緩和案を承認し、憲法の条文改正にも意欲を見せます。「実現すれば、外資との競争が本格化し、現地の財閥が支配する産業構造に影響を及ぼすものと思われます。

「競争環境の強化に向け、投資を自由化する取り組みを支えていきたい」。 ロペス貿易産業相は2月末、外資規制の緩和をめぐり、演説でこう述べました。「外国投資法」「公共サービス法」「小売自由化法」の外資規制関連3法の緩和案を2020年内に承認した下院を支持します。上院が審議に入ることに期待を示しました。

ドテルテ大統領に近いベラスコ下院議長は、外資規制を規定する憲法条文に、「特別法による規定は例外とします」という文句を挿入する改憲案も議会に提出した。5月末までに承認を得ることに自信を示しました。個別法による例外を認め、柔軟に外資規制を緩和できる余地を作ってあげるという趣旨です」

フィリピン教育移住・プチ留学 個別無料オンラインセミナー

関連ページ

Manila, PH
28°
Mostly Cloudy
6:15 am6:02 pm PST
Feels like: 32°C
Wind: 5km/h E
Humidity: 74%
Pressure: 1015.24mbar
UV index: 0
1 am2 am3 am
28°C
27°C
27°C
SunMonTue
32°C / 25°C
33°C / 24°C
32°C / 24°C

Philippines Calendar

2024年 2月
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
1
2

フィリピンの祝日

お問い合わせ

PVCジャパンデスク
ページ上部へ戻る お問い合わせ・資料請求 オンライン個別面談 無料